お墓を考えることで自分の締めくくりを考える。

広告掲載について


祭祀財産とは?

お墓は承継者が受け継ぐ

お墓は先祖代々引き継がれいきますが、このお墓を引き継ぐ人を承継者といいます。一般的に承継者は、その家族の長兄が引き継ぐことが多いようですが、法律上では親族以外からも選ぶことが可能とされています。

この承継者が引き継ぐ財産一式は「祭祀財産」といい、これは土地や預貯金などの相続財産とは区別されているため、財産相続人が承継者ではない場合にはお墓を受け継ぐことはできないのです。

祭祀財産とは先祖を祀る仏具一式をいう

祭祀財産とはお墓だけでなく、墓地、仏壇、仏具、位牌、神棚など先祖を祀るための財産全てをいい、これを引き継ぐ人を「祭祀承継者」といいます。
祭祀財産の中には高価な仏壇や仏具がある場合もありますが、祭祀財産は祭祀承継者が単独で受け継ぐもののため、相続の対象にはならず、相続税が課税されることはありません
ただし、仏壇・仏具を人に売るための商品や骨董品と考え、投資の対象として持っている場合にが、相続税の課税対象になります。

スポンサードリンク

寿陵は相続税などの節税対策になる

代々のお墓がある場合には、税金の問題を考える必要はありませんが、例えば、遺族が遺産を使ってお墓を建てたり、仏壇を購入する場合、遺産に対して相続税が課税されるため、その分を差し引いた額からお墓の建立費用を捻出することになります。
しかし、生前にお墓を建立する「寿陵」では、墓地、墓石が相続の対象にならず、相続の際に寿陵の費用分が相続財産から控除されます。
つまり、寿陵の費用分だけ相続税が安くなるのです。

生前にお墓を建てる「寿陵」は、縁起がいいとされるだけでなく、相続税が減税されるなど節税にもなるため、残された家族のの負担を減らすことにつながるのです。

スポンサードリンク

Copyright(c)2012 ライフコンパス All rights reserved.