お墓を考えることで自分の締めくくりを考える。

広告掲載について


生前に位牌を作っても大丈夫?

位牌は故人を偲ぶ大切なもの

位牌とは、亡くなった人の仏名や戒名を記した木牌です。
日本では位牌に故人の霊が宿っていると考えられ、亡くなった人そのものという認識をしています。そのため、朝夕の供養のたびに、故人を偲ぶ大切なものとされています。

本来あれば、位牌は人が亡くなった時に作るものですが、生前からお墓を造る寿陵を進めている方の中には、すでに戒名を授かり、生前のうちに位牌をつくりたいと考えている方もいるかもしれません。そこで気になるのが、「生きているうちから位牌をつくることは縁起は悪いのか」でしょう。

縁起がよく功徳も大きい逆修牌

実は、生前に位牌をつくっても何の問題もありません。
このように生前につくる位牌を「逆修牌」といいますが、逆修牌はむしろ縁起がいいと考えられ、功徳も大きいとされています。これは、生前にお墓をつくる寿陵が縁起がいいと考えられているのと同じです。

なお、生前に位牌をつくる場合には、戒名の文字を朱色にすることになっています。
これは、朱色が不良長寿の象徴的な色とされているためで、不老長寿の願いを込めて、生前の位牌は朱色を使っているのです。

元々、位牌は中国の儒教から生まれ、先祖や亡命中の両親の名前を記して祀る札でした。日本へは鎌倉時代に禅宗とともに入りました。
その後、時代の変化とともに日本特有の形状、概念に変化し定着していったのです。

スポンサードリンク

戒名は生前に授かるのが正式

生前に位牌をつくるためには戒名を授からなければいけません。
つまり戒名も生前に授かることになり、これを「生前戒名」といいます。
日本では、亡くなった人に戒名を授ける習慣がありますが、本来、戒名は仏門に入り、戒律を守る仏弟子に与えられる名前です。
つまり、戒名は生前にいただくのが正式なのです
現在でも、生前に戒名を授かることは可能で、その場合にはお寺や儀式を受けたり、一定の講習に参加することで戒名を授けてもらえます。

スポンサードリンク

Copyright(c)2012 ライフコンパス All rights reserved.