お墓を考えることで自分の締めくくりを考える。

広告掲載について


墓地と霊園の違いは?

墓地と霊園は原則として同じもの

墓地を選ぶ際の質問として多いのが、墓地と霊園の違いについてです。
一般的に墓地といえば、お寺の墓地を想像される方が多く、霊園というと郊外にある広々とした公園墓地を想像されるようです。実際、その考えで間違えはないでしょう。
しかし、墓地には公営墓地、民営墓地、寺院墓地などの種類があるため、もうすこし詳しく区分けを行い、墓地と霊園の違い、メリットデメリットを理解したほうがいいでしょう。

墓地はお寺が運営している

基本的に墓地と霊園の大きな違いは、檀家制度の有無といえます。
墓地(寺院墓地)を選択する場合には、そのお寺の檀家にならなければ、お墓を建てることはできません

また、檀家制度は墓地取得の権利であると同時に、お寺の護持義務を負うことになります。つまり、お寺の支援者となり寄付や修繕費を檀家同士で出し合うなど、お寺の経営を支えていくことになります。

霊園にはない義務を負うことになりますが、法要を一箇所で行えるなど法事の際の便宜がいい、手厚い供養をしてもらえる、交通の便がいいなどの理由で大変人気の高い墓地なのです。しかし、宗旨・宗派に関しては他の墓地より厳しいため、仏教以外の信徒だと墓地取得が難しいなどののデメリットもあります。

自治体や公益法人が運営する霊園

墓地...お寺が運営、霊園...自治体や公益法人が運営

霊園は各自治体が運営する公営墓地や、民間業者が運営する民営墓地などで見られる形態で、どこの寺院にも属していない墓地といえます。
お墓として必要になる機能は全て揃っていますが、法事などを行う場合、場所の選択や読経を行う僧侶の依頼は自分で一から行わなければなりません。

霊園では檀家制度はありませんが、代わりに墓地を永代にわたって使用する権利費である「永代使用料」を支払います。霊園のメリットとしては、広々とした公園風のため風光明媚な場所が多いことや、宗派・宗旨不問であること、檀家のように義務を負う必要がないなどがあげられます。デメリットとしては、民営墓地の霊園では営利事業のため、経営状況が悪化することでお墓の永続性が失われることがある点です。

スポンサードリンク

自分の状況に合わせた墓地を選択する

霊園は宗旨・宗派不問が前提と考えている方が多いようですが、全ての霊園が宗旨・宗派不問とは限りませんので、霊園を選ぶ際には事前に確認するようにしましょう。
墓地にせよ、霊園にせよそれぞれにメリット・デメリットがあります。
自分の宗派、交通の便、お墓参りのし易さ、費用など総合的に考えたうえで墓地を選択をするようにしましょう。

スポンサードリンク

Copyright(c)2012 ライフコンパス All rights reserved.